マンションは賃貸にするか買うかどちらがお得?

どうしたらいいの?人生の節目に直面する、住まいの賃貸or購入問題

老後の費用も比較してみよう

この記事をシェアする

賃貸なら気軽に住み替えができる

初期費用は抑えることができる賃貸ですが、将来的にはどのような費用がかかるのでしょうか。

まず、2年に一度、更新料がかかります。
これは地域にもよりますが、家賃1か月分程度のことが多いようです。

購入する場合と比べると初期費用がかなり少なくて済むので、ライフスタイルやライフステージの変化に合わせての住み替えも手軽にできます。
子供の教育費がかかる時期になったら、家賃の安い家に住み替えることで、出費を抑えることができます。

気軽ではありますが、ずっと家賃を支払い続ける必要があるため、老後の生活費や住居費に備えた貯蓄が必要となります。
また、高齢になると住み替えができないケースも多いため、老後の住まいへの不安は多少大きくなるかもしれません。

老後も「マイホーム」で暮らせる安心感

住宅を購入した場合は、毎月ローンの返済が発生します。
ローン返済後、住居費はなくなるので、老後の住居費の心配もなくなります。
賃貸に比べて、生涯コストは安く抑えられます。

固定資産税を毎年支払わなければなりませんが、住宅ローン控除があります。
住宅ローンの繰り上げ返済もしながら、毎月のローン返済額を減らし、その分を教育費に回すこともできるでしょう。

老後は、毎月の家賃の心配や住み替えの心配もなく、マイホームで安心して暮らすことができます。
さらに、家や土地は資産として残ります。

しかし、住宅はどうしても古くなっていきます。
住宅に不具合が出ても、自分で何とかするしかありません。
そのため、将来のリフォーム費用を蓄えておく必要があります。